予算も伝えていたのに予算以上の作業だった。内訳が知りたい

引越しでの片付けで予約した。

退去日目前だったが、まだ片付いていなかった。

ゴミ屋敷とまではいかないが部屋がごみで散らかっている状況で、自分ではどうにもできないので困っていた。

作業は無事に終わったが、予算10万と伝えていて、軽トラで来てもらって1台分の回収で1人3時間の作業で10万+税とられた。

内訳が知りたい。

事実確認

本日引き取りにお伺いしたところ、部屋中ごみが散乱しており、物量も軽トラック2台分強はありました。

処分費用と収集作業、搬出費用で10,8000円でご案内し、お客様が「それでお願いします」といわれましたので作業を進めました。

軽トラック1台では積めない量で夕方で処理場も閉っている時間でしたのでコンパネを縦に立てて過積載ではありますが無理やりに積み込んで完了させました。

その後本部に連絡が入ったとの事でしたのでお客様に連絡を入れて再度金額の詳細をお伝えしました。

事情をお聞きしたところ、会社から費用が出るとの事で上司に詳細を確認するように言われたみたいでした。

お聞きしたようにお伝えするとの事でした。

金額も軽トラック2.5台分でしたので正規金額をご案内しております。

茨城片付け110番からのコメント

この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

ご依頼いただくお客様ごとに、様々なご事情があるかと存じます。

今回は、ご予算を超える作業にはなりましたので、事前に内訳についても、こちらから積極的にご要望をお聞きし、お客様に不安や不明点が残らない作業になるよう、もっと改善できたのではと思っております。

今後は、よりお客様に寄り添ったご説明やご提案ができるよう、注意し、スタッフ一同、お客様のご要望をしっかり聞き出す姿勢を徹底してまいりたいと思います。

トラブル防止のための6つの方法

次に紹介するトラブル防止のための6つの方法は、弊社よりお客様へ、「トラブルに巻き込まれないために、可能な範囲で対策して頂きたい」というお願いとなります。

本部では、過去数万件のご依頼を頂いた経験から、日々業務改善に努めております。
しかしながら、コミュニケーションの行き違いなど、思わぬことから、ご依頼者さまより、「頼まなければよかった」というご意見を頂戴する結果となっているのも事実です。

6つの方法を抑えて頂ければ、「こんなことなら依頼しなければよかった…」というトラブルを、お客様自身で回避して頂けるかと思いますので、是非ご確認ください。

1 相見積もりを取る

少なくとも2社に見積もりをとることで、おおよその相場が把握できます。

相場料金をお客様で把握していただくことで、「後から考えたら、高すぎる!ぼったくられたようだ!」といった事態を防いでいただけます。

ただ、内容によっては見積もりをとるだけでも時間がかかってしまうため、多くても3社程度にとどめておくようにしましょう。

2 第三者を交える

高齢者や女性の場合は、一人で見積もりに望むのは控えましょう。

見積もりの日や作業当日、ご親族の方や近所の方など第三者を交えていただければ、ご本人以外のチェック機能が働くため、見積もり以外の作業をされたり、見積もり以上の料金を取られる前に、気付いていただくことができます。

「ただいてもらうだけ」でも効果はバツグンです。

3 見積もり以外のことを当日急に頼まない

見積もり後や作業当日、直前に追加の作業や追加の回収依頼をされることで、「当日の急な割増料金によるトラブル」が多発しています。

具体的には、「急な追加料金を言われる/見積もり料金と請求料金が全く異なっていた/頼んだこと全てに対応してもらえなかった」というようなトラブルです。

急に見積もり以外のことを依頼すると、人材の手配、作業時間の再計算などで「割り増し料金」がかかることがあります。

万が一見積もり以外の作業が追加になる場合は、なるべく早めに事前相談して頂くことで、「当日作業料金が大きく違っていた!」というトラブルを防ぐことができます。

4 現状の写真を撮影しておく

作業後に「あったものがなくなっている!」「傷がついている!」なんてこともあるんです。

お客様が気づいて作業員に話をしても「いやこれは元々ありました!」と押し切られてしまうこともゼロではありません。

思い過ごしなのか、事実なのか、事前に写真に残しておくことで、トラブルを回避できます。

5 キャンセル料金について聞いておく

「見積もり後キャンセル料はかからないか?」を事前に確認しておくことも重要です。

作業内容によっては、レッカー手配や、追加の人材確保などをしていた場合、キャンセル料金が発生することもあります。

見積もり自体は無料ですが、作業を依頼した後にキャンセル料が発生しないかは、作業担当に確認しておきましょう。

業者側が何も言わなくても依頼者本人が確認しておくことが大事です。

6 賃貸の場合は備品か私物かを確実にチェックしておく

「すべて撤去してください」と言われれば、備え付けの湯沸かし器や風呂釜も外してしまうのが業者の仕事です。

賃貸物件では契約書を作業員に見てもらい、行き違いがないよう作業前に打ち合わせしましょう。

よく間違えるモノの例:エアコンなどの家電製品、電気のシェード、蛍光灯など

私たちの取り組みについて

茨城片付け110番では、今よりもっと良いサービスを提供するため、作業後お客様に対応についてのアンケート電話を実施しております。

作業についてご意見・ご感想、改善してほしい点や保証してほしいことがありましたら、作業後、茨城片付け110番までご連絡ください。

すぐさま事実確認し、対応させて頂きます。

お問い合わせフォーム

お名前
(必須)
メールアドレス
(必須)
ご住所
(必須)

※郵便番号のみでも可
ご連絡が取れる
電話番号(必須)
ご意見・ご要望・ご質問など
(必須)

必須 利用規約に承認 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
  • 茨城片付け110番
  • 年中無休 即日対応 秘密厳守 地域密着
  • 0120-538-902
  • 無料相談はこちら

365日年中無休(受付時間:8時~20時)

このページの先頭へ